お辞儀は相手との関係や状況によって考えて使い分けなくてはいけません。
基本動作だからこそ確実に社会人のスキルとして覚えましょう。
お辞儀は下記の3つに大別できます。

会釈
人の近くを通る時や、同僚とすれ違う時などに使う。
笑顔とともに軽く頭を下げる。

敬礼
上司や来客、顧客訪問の際などに使う。
30°ほど頭を下げるのが丁寧さの基準です。

最敬礼
謝罪や深い感謝を示す時や、役員や経営者が相手の時などに使う。
45°まで深く腰を折り、2秒程度静止してゆっくり戻す。

お辞儀の使い分けができていても、「歩きながらお辞儀をする」ことや
「ひたすらお辞儀をする」ことは誠実さを欠くためNGです。
正しい所作を覚えてビジネスに役立てましょう!!

ojigi

pukkun

About pukkun

求人くっくのマスコットキャラクター。

Post Navigation