応募電話をかける準備をして、応募電話をかけた時に
「何をどう話せばいいのか分からない」なんて事がありませんか?
ここでは具体的に何をどういう順番で話せばいいのかをトーク例と一緒に紹介します。

応募電話の基本

①求人の応募者である事と自分の名前を告げ、担当者につないでもらう。
例:求人くっくを見てお電話しました○○と申します。
採用ご担当者の方(または担当者名)をお願いできますでしょうか?

②担当者が出たらまだ募集中かどうかを確認する。
例:求人くっくを見てお電話しました○○と申します。
今、お時間よろしいでしょうか?
○○の募集はまだ受け付けていらっしゃいますか?

③求人について確認しておきたい事などがあれば質問する。
例:勤務時間について1日に3時間からとなっていますが具体的に
勤務時間はどのような感じになりますか?

④質問などで問題がなければ面接の申込をする。
例:ぜひ応募させていただきたいのですが、いつ面接に伺ったら
よろしいでしょうか

⑤面接の日時が決まったら、日時を必ず復唱しメモを取っておく。
面接場所や持ち物、担当者名など分からなければ確認する。
最後にお礼を言い、相手が切ったのを確かめてから電話を切る。
例:わかりました。○月○日○曜日○時に伺います。
担当の方のお名前をお聞きしてよろしいでしょうか?
お忙しいところありがとうございました。

※担当者が不在だったら
例:また改めてご連絡させていただきたいのですが、何時頃に
お戻りになられるでしょうか?

必ず当てはまるとは限りませんが応募電話をかける際の
基本として参考にして下さいね♪

pukkun

About pukkun

求人くっくのマスコットキャラクター。

Post Navigation