性別、年齢、国籍、障がいの有無、職歴や経歴といった従業員の個性を尊重し、多様化を認めるダイバーシティは、企業の社会的責任や人材活用を戦略的に推し進め、競争力を高めるものとして積極的に取り入れる企業が増えてきました。

とりわけ障害は「障がい者雇用の送信等に関する法律」により法定雇用率が定められ、これを満たさない場合は納付金を納めなければならないなど、企業にとっては喫緊の課題となっています。

障がいには視覚や聴覚の障害や肢体不自由、心臓や腎臓などの機能に障害のある身体障がい、知的な発達に遅れがあり日常的なことが苦手な知的障害、総合失調症やそううつ病、てんかんなどの精神障害がいといったように多様なものあがあります。

障がいの有無という画一的な見方ではなく、一人ひとりが持つ得意な分野と苦手な分野を認め合い、得意分野をさらに伸ばすような経営を行うことが、これからの社会を豊かなものにするでしょう。

具体的にどうすれば? 初めて雇用を考える企業の参考となる事例などは次回にアップします(^-^)

悩む女性

About ピーナッツ

ピーナッツ、和名を落花生。 花言葉は[仲良し][楽しみ]。 WEB担当の怖、、、優しい姉御。

Post Navigation